部屋の購入から1ヶ月、新居に引っ越しました。

売買契約を済ませた1ヶ月後、子どもとふたり、新居へ引っ越しました。
少なくとも15年は、この家で暮らす予定です。

エアコン取り付け取り外し、さすがに自力ではムリです。

独身時代の引っ越し回数、数えてみたら13回でした。
それでも引越し業者を利用したことはなく、友人や便利屋さんに頼むことで、なんとかしのいできたのです。
今回も低コストな便利屋さんに頼めれば良かったのですが、そうはいきませんでした。

というのも、モラ逃げしたときに購入したエアコンを移設する必要があったからです。
ケチってあとあと問題が出たら困るので、ここは引越し業者にお願いすることにしました。
引越しプランのオプションで、取り外しから取り付けまで、まるごとやってもらえるようなのです。

引越し業者は、サカイさんにしました。
訪問見積もりに来てもらった2社のうち、営業の方の雰囲気が抜群に良かったからです。
もう1社はちょっと高圧的、そして費用も高額で、お願いするのが難しいなあと思いました。

サカイさん、とても良かったです。
引越し作業は丁寧に進めていただきました。
それなりに費用はかかりましたが、作業のあいまに子どもの相手をしてくれたり、大型家具の組み立てや配置をしてくれたりと、かなり助かりました。

引っ越しは、一泊旅行を兼ねて

今年の春から初夏にかけては、新居の契約や離婚手続き、引っ越し準備に行政の手続きやらで、なにかと慌ただしい日々を過ごしていました。
コロナ禍も明けた夏だというのに、どこにも連れて行ってあげられてないな……と思っていたところ。

引っ越し見積もりのとき、営業の方から「2日またいでの作業になります」との話がありました。
彼によれば、2日またぐことで費用もちょっと抑えられますよ、と。
1日目の夕方に積み込み、2日目の朝に搬入、というスケジュールです。

それならばいっそ旅行っぽく、泊まりで遊んでしまおう! と思い立ち、新居までほど近い、お風呂が充実した宿を取ることにしました。
なかなか旅行もできていなかったので、子どもも非日常感を楽しんでくれたようです。たぶん。
子どもとのふたり暮らし、財布のヒモはきゅっとしておきたいですが、楽しいことや新しい体験は、なるべくさせてあげたいものです。

引っ越しから、1ヶ月がたちました。

生活リズムを作ったり、新しい土地を探索してみたり、やはり淡々と過ごした1ヶ月。
すこしずつ、新しい土地に暮らしがなじんできました。

私はといえば「引っ越したら部屋をDIYでいじくりまくるぞ!」と息巻いていたのですが、いざ生活を始めてみたら、どこからなにをすれば……というようなありさま。
より暮らしやすくなるような動きもしていきたいですが、ひとつずつ、なるべく丁寧に、快適さを手に入れていきたいな、とぼんやり考えているところです。

タイトルとURLをコピーしました